So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

西荻のとっておきのショットバーを紹介 その1「G7」 [お酒]

今回は、西荻窪のお気に入りのショットバーを3軒紹介しよう。どれも、個性的だから、あなたはどこを気に入るかな? まずは「G7」。西荻窪駅南口を背にして、目の前の商店街を直進する。ぞうさんがぶら下がっている商店街だ。道(神明通り)に出たら、さらに松寿司を左に見ながら20メートルほど進み、トンカツ屋「黒」(ここもおいしいのよ)の角を曲がれば、オレンジ色の看板があるG7が見える。G7-1.jpg目の前の階段を下ると、左側がG7の入り口。店の中は、やさしい照明で、ちょっと幻想的。女性なら、喜ぶことまちがいなし。カウンターの中にいるのは、マスターの大石さん。G7-2.jpg偶然にも、小生が卒業したW大の後輩だった。正確はおっとりとしていて、にこやかで、この店の雰囲気にぴったりだ。当然だが、ウイスキーに関するうんちくは絶対のものがある。私は、さっぱりだが。マスターの背には、ウイスキーが珍しいものも含めてズラッと並んでいる。G7-3.jpgどれを紹介しようかと聞いたら、差しだしたのがこれ。「longrow」というスコッチウイスキーだ。G7-4.jpgえっ、これがあるの?と思うなら、あなたは相当通だぞ。小生は飲むだけ。
この店でのお気に入りは、幅広いカウンター。あまりの気分の良さに寝ている人間もいる。こらこら! もう一つのお気に入りは、バックミュージック。音響効果が実にすばらしい。CDもほらこの通り、ロック、ジャズ、ブルースなど相当なリクエストに応えられる数だ。G7-5.jpgえっ、演歌が聴きたいって? それは、小生も同じ気持ち・・・。カウンターの後ろには、ボックス席が一つある。4、5人で来ても大丈夫だけど、うるさくしてはダメよ。小腹が空いた人には、カレーの出前もある。近くの「オーケストラ」というところのカレーなんだけど、かなりおいしい。もう一つ、耳寄りな話。一人、女性同士、カップルを問わず、ここは美人が多い。もちろん、年配の方も多いけど・・・あのNHK朝番組の主役をやったT・Mちゃんも来たことがあるのよ。会えないかなあ。

東海道を歩く 青物横丁〜川崎宿 [旅行]

小社で「絵本 東海道」を出しておきながら、東海道を歩いてないのもなんだなと思っていたところへ、山の仲間から偶然お誘いが。その御仁、すでに日本橋〜青物横丁までは歩いたとのこと。それでは、青物横丁〜川崎宿まで歩こうということになった。11時に京浜急行の青物横丁駅で待ち合わせをしたが、一行3人のうち1人がなかなか来ない。なんと、佐伯泰英作の「居眠り磐音」に夢中になりすぎて、急行に乗ってしまったのだ。まあ、笑いながら待つこと30分、11時30分にようやく出発。旧東海道と記された商店街を歩いていくと、品川寺に到着。「しながわでら」ではなく「ほんせんじ」と言うんだ。2品川寺.jpg門をくぐると、品川地蔵尊がでんと出迎えてくれる。1銅像.jpg江戸六地蔵の一つだそうだ。境内には、釣り鐘や東海七福神の案内板があったりした。3鐘.jpg4東海七福神.jpg海運寺を経て国道15号線と合流するところに、鈴ヶ森の刑場跡があった。5-1刑場跡.jpg昔は、この辺は野っぱらだったそうだ。旅人はおびえながら通ったんだろうなと思うと、考え深い。ほら見て!この写真は火焔台と磔台。5-2火焔台.jpg6磔台.jpg八百屋お七は生きたまま焼かれ、由比正雪の片腕丸橋忠弥は磔刑にされたのよ。おおこわっ。
15号線からはずれて、再び旧東海道の商店街へ。道には、道石があって、その当時をうかがわせる情景が描かれている。7石.jpgさらに行くと、日本橋まで三里十八丁という道標があった。8道しるべ.jpgここらで、いささか小腹がすいてきた。そこで、品川水族館がある公園のレストランで昼食をとることに。20分ほど待たされたが、まあまあおいしい。しかし、家族連れでいっぱいで騒がしい。小生は、若いおかあさんを眺めて過ごした。腹も満たされたので、再び街道へ。ところが、ここからは15号線をただひたすら歩くだけ。梅屋敷公園などというところにも立ち寄ったが、梅にも早すぎるのでなにもない。歩くこと1時間弱。15号線を左に折れて、ようやく六郷神社にたどりついた。9六郷神社.jpg源頼朝寄進の「手洗い石」をもつ立派な神社だ。
さらに、15号線を背にして直進していくと、多摩川にたどりついた。野球をやる人、犬を散歩させる人、ジョギングをする人と、じつにのどかだ。そして、我々は六郷大橋へ。その橋上から見た光景が、この写真。10浮浪宿.jpg11-2浮浪宿.jpgこれ、なんだと思います。そう、ホームレスさんのお宿なんです。屋根に茅か芦が敷かれてあったり、テレビのアンテナがあったり、ビニールシートとはひと味違う光景でした。橋を渡りきったところに、六郷渡しの看板が。11六郷渡し.jpg水かさの増した多摩川を渡るのはさぞかし大変だったろうなあと想像したのでした。川崎宿に入ったので、田中本陣跡が見られるかなあと期待したのですが、道に名所図絵と田中本陣跡の看板があっただけでした。13田中本陣.jpg歩くことおよそ10キロ、歩程6時間の旅でした。

今年最後の温泉とトレッキング紹介! その1

さあ、今年最後の紹介だけど、かなりいいコースだよ。紹介するのは、中央アルプスの名峰木曽駒ヶ岳。日本に駒ヶ岳という名がつく山は、実に多い。中でも、甲斐駒、秋田駒、会津駒などが有名だが、駒ヶ岳の最高峰は標高2956mの木曽駒だ。アクセスは、電車ならJR飯田線の駒ヶ岳駅下車であとはバス。車なら、中央自動車道の駒ヶ根インターでおりて、菅ノ台バスセンターの駐車場まで行き、しらび平まではマイカー規制なので、バスに乗る。
しらび平からは駒ヶ岳ロープウェイがあって、千畳敷カールまで約1000mを一気に登ってしまう。木曽駒1-1.jpgすると、そこに、写真のような別次元の景色が展開される。木曽駒2-1.jpg
我々が行ったのは10月初頭だったので、ほら、まだ紅葉が始まったばかりだ。それでも、かなりすばらしい。木曽駒3-1.jpg
でも、木曽駒の紹介は、この程度にとどめたい。なぜなら、いつもの4人で行ったのだけれど、小生は完全な二日酔いで、登頂を断念して、3人が戻ってくるまでカールのベンチで寝ていたの。一応、山のリーダーは小生だったので、あとで怒られた怒られた。シュン・・・。くやしいから、これ以上紹介しない!
さて、温泉だ。木曽駒のふもとに早太郎温泉というのがある。温泉名も聞き慣れないし、宿の名も「なかやま」といういかにもダサイ(宿の人怒らないでね)名なので、ちっとも期待していなかった。ところが、これがうれしい誤算。まずは、玄関。なかやま玄関-1.jpg
男4人なので、まさか離れをとってあるとは思わなかった。なぜなら、HPで見て、離れには部屋つき露天風呂があるとわかっていたので、ここはカップル向きだなって思っていたから。これが、離れが並ぶ棟。なかやま離れ-1.jpg
さて、先に食事を紹介。食事は、可もなく不可もなく、それなりにおいしい。なかやま1-1.jpgなかやま2-1.jpg
超おすすめは、なんと言っても、離れの部屋つき露天風呂だ。なかやま3-1.jpgこれは、庭から(小さな庭があるのよ)露天風呂と部屋の方を撮った写真だが、まず泉質が最高だ。腕や肩にお湯をかけると、まつわりつくようにヌルヌルッとするの。ところが、風呂からあがると、じつにさっぱり。こんな泉質初めて! とにかく、これだけでも大満足。ところが、さらにすごいのは、風呂から、南アルプスが一望できるんだ。明け方なんてすんばらしい!のひと言。なかやま5-1.jpg
なんで、寝坊助のおまえが明け方に風呂に入れるのよって? 実は、大変な失敗談があるの。メンバーの1人が超ひどいいびきかきでね、そのために、別室の茶室の部屋なかやま4-1.jpgを用意してあったのだけれど、酔っぱらった仲間のひとりが、先に茶室で寝てしまったわけ。それで、どうなったかというと、大いびきの彼はぐっすり寝られたようだけど、あとの2人は一晩中寝られなかったのよ。そこで、朝風呂に入れたというわけ。 おそまつ!
さて、翌朝、出発前に宿の近くにある光前寺を散策。杉並木が美しい、大変立派なお寺だった。<img src=光前寺2-1.jpg 小社で出版している「絵本東海道 その2」の見付宿の中に、妖怪を退治した霊犬悉平太郎(しっぺいたろう)の伝説がある。その犬の出身地がこの光前寺なのだ。こちらでは、早太郎と呼ばれ、なんと墓まである。光前寺4-1.jpgそれにしても、ぐうぜんだ。
さいごはの写真は、武田泰淳の小説のタイトルにもなっている「ひかりごけ」。でも、あまり光ってなかった。光前寺5-1.jpg

絵本東海道 原画展開催中 [本のこと]

ポトス出版発行の「絵本東海道」(おちあいけいこ作・絵)、現在「其の二」まで出ているのだけれど、「其の一」の原画展が、あきる野市の図書館で開催中なんだ。原画展1.jpg
なんで、あきる野市かって? それは、おちあいさんが(あのレモンちゃんじゃないのよ。落合さんという人に嫁いだ恵子さんだから)あきる野市に住んでいるから。
「絵本東海道」は、安野光雅さんの「旅の絵本」や「ウォーリー」のように俯瞰図で描かれた絵本で、一見江戸時代の宿場の様子が描かれていると見えるのだけれど、よく見ると、現代の人(サイクリストや紙芝居や女子高生など)や新幹線、建物なども出ている。もちろん、弥次さん喜多さん、広重、芭蕉もいる。つまり、時間をまたいだ東海道絵本だね。「其の一」は日本橋から興津まで。「其の二」は江尻〜御油までだ。
原画展は、10/20〜11/3日までが中央図書館。11/6〜11/14日までが東部エル図書館で開催しているよ。近くにいる人は、よろしくね。原画展2.jpg 原画展3.jpg

まだまだ見頃 不忍池のはすの花 [つぶやき]

東京上野にある不忍池(しのばずのいけ)って知ってる? ほら、さだまさしの歌「無縁坂」に出てくる「しのぶしのばず無縁坂」っていう歌詞があるでしょ? その無縁坂(けっこうちゃっちいのよ)のそばの大きな池が不忍池。はすの花で有名なんだけど、一輪咲いていたので、携帯撮影したの。わかるかな?はす.jpg
本当は8月が見頃なんだけど、今も見事に咲いているはずだよ。興味のある人は行ってみるく(またまた古い)?

超ワイルドな姥湯温泉! [旅行]

今回は、山形県米沢市の吾妻連峰のふもとにあるすばらしくワイルドな温泉・姥湯温泉を紹介しよう。開湯がいまから約480年前の後奈良天皇時代というから、驚きだ。
秘湯中の秘湯たるゆえんは、まずは、交通路にある。福島インターを下りてから、舗装はされているが、細い山道をくねくねと延々と登る。なにしろ、最大斜度が17℃というから驚きだ。車を切り返さなければ登れないところもある。でも、そんな苦労も姥湯に到着すれば、さわやかにふっとんでしまう、と言いたいところだが、駐車場から荷物を持って、さらに数百メートル歩かなくてはならない。これが、駐車場から宿を眺めたところ。姥湯1.jpg
さあ、宿に着いた。姥湯温泉の一軒宿、標高1300mのところにあり、日本秘湯を守る会の会員宿「桝形屋」だ。姥湯2.jpg現在のご主人は17代目。にこやかに、我々を迎えてくれた。
我々は、荷物をおろすのもそこそこに、裏山の薬師森山へとトレッキングにむかう。姥湯3.jpg山頂まで約1時間と言うから簡単と思ったが、急な登りの山道で、かなりへばってしまった。山頂は、あいにくの曇り空。姥湯5.jpg本来は360度の眺望があるそうなので残念。でも、ベンチにアルコールとコンビニで買い込んだ昼食を並べて、それでは乾杯!姥湯4.jpg
宿に戻ったら、なにはなくとも「えどむらさき」(古い!)ではなく、お風呂姥湯6.jpg内湯は、檜風呂。とても快適。体を洗い流したあと、いざ露天風呂へ。女性専用露天風呂(時間帯で、男性専用にもなる。その時は、混浴露天風呂が女性専用露天風呂に)を右手に見ながら、混浴露天風呂へと向かう。姥湯7.jpg遠くに見える囲いが脱衣所だ。これが、露天風呂の看板。姥湯8.jpg撮影しないでとなっているが、気づかなかった。
姥湯9.jpg写真は、翌朝早く撮ったものなので誰もいないが、昼間の時間は男女7、8名が入っていた。首から下をすっぽりとかくした1人を除いて、若い女性も小タオル1枚で入っている。白濁の湯なので、浸かってしまえば恥ずかしくないが、それにしてもみんな自然体なのにびっくり。荒々しい崖に囲まれた圧倒的な風景は、恥ずかしさなど吹っ飛ばしてくれるのかも知れない。日帰り湯の人も、老若男女何人もやってくる。姥湯11.jpg 女性専用露天風呂になっていたところも、あとで入ったが、やはり、こちらの混浴露天風呂のほうが最高だ! 混浴だからだろうだって? 関係ない!かんけいない・・・カンケイナイ・・・
さて、夕食はシンプルだが、とてもおいしかった。姥湯12.jpg

日本ダービー [遊び]

久しぶりに招待席が手に入ったので、総勢11名で府中競馬場へ。
本日は、日本ダービー。3歳GΙレース中、一番の人気レースだ。
皐月賞馬のヴィクトワールピサが一番人気で、青葉賞をちぎって勝ったペルーサが二番人気だ。
小生は、青葉賞勝ち馬はダービーに勝てないというジンクスがあるのに、
あえてペルーサから流したの。だって、すごい勝ち方だったのよ。
で、前置きはいいから、結果はどうだったのかって?

「各馬、一斉にスタートしました。あっと、ペルーサ出遅れです!」

ということで、あえなく撃沈。
それに、この日はついていないことに、3つのレースで写真判定負け。プシュ〜
ダービー.JPG

「やまめとさくらます」が紹介されました!

横浜八王子などにある大書店のひとつ有隣堂が社内向けと読者向けに発行している『私がすすめる本たち[投稿集]』で、「やまめとさくらます」(おくやまふみや文・あさりまゆみ絵)が紹介されました。うれしい!有隣1.png しかも、ご覧の通り、なんとベストセラー図書にはさまれての紹介。う、う、うれしいぃ!!有隣やまめ.jpg

温泉とトレッキング その5 [旅行]

みなさん、お久しぶり。ようやく「温泉とトレッキング その5」の紹介。今回は、トレッキングコースが中心で、温泉は写真がないので名前を紹介するだけにとどめるよ。
さて、我々が行ったのは紅葉が始まったころ。冬場は閉鎖している道路もあるので注意が必要だが、冬以外はいつでもいい。えっ、前置きはそれぐらいにして、場所はどこかって? 今回は、福島県の吾妻小富士と一切経山。今回はJRの駅レンタを利用。これって、列車とパックになっているので、結構便利で安い。それに、帰りは列車内で飲めるしね。
福島駅でレンタカーを借り、一路、磐梯吾妻スカイラインにある浄土平へ。浄土平にはでっかい駐車場があるので、よほど混んでない限りまずは駐められる。駐車場から吾妻小富士までは、わずか15分ぐらいの登り。小富士とよばれるように、緑はほとんどない。ボコッとあいた大きな噴火口あとがある。これが、一切経の登りの途中で撮った吾妻小富士(1707m)。吾妻小富士.jpgねっ、噴火口が見えるでしょ。
そしてもう一つ、吾妻小富士から浄土平と東吾妻山を見た写真。浄土平から.jpg
時間があれば、吾妻小富士の山頂部をぐるっと回ってみる(約1時間)のもいいけれど、我らは先を急いでいたので、すぐ下りて一切経山へ。いまも活動を続ける活火山だから、硫黄臭い。最初の30分の登りは少しきついけど、湿原(酸ヶ平)になったところで楽になる。そこから、木道を通って山頂を目指す。避難小屋が小さく写っているはずなんだけど、これではわからいよね。でも、ここにトイレがある。比較的きれいよ。浄土平から山頂までの登り時間は、約1時間40分だ。これは、一切経につながる山。一切経.jpg
山頂は1949mもあり、ぐるっと見回せる。山頂.jpg一番素敵なのは、五色沼。五色沼.jpg写真ではよくわからないだろうけど、「魔女の瞳」とよばれる妖しい美しさがある。じっと眺めていたい沼だ。「わたし、魔女に弱いのよ」。おいおい、自働車保険の宣伝じゃねえぜ。おっとそれから、磐梯山の麓にあるあの有名な五色沼ではないのよ。
酸ヶ平に戻ってきたら、木道を歩いて鎌沼を半周しよう。すると、行きとは別の下山道に出られる。ここは、6月から9月にかけては、高山植物の宝庫だそうだ。今回は紅葉の時期だったので、もう一度花を見に来たいと思っている。紅葉.JPGこちらは黄葉だね。黄葉.JPG
それでは、ここで温泉地の紹介。この地域には、いい温泉がたくさんある。高湯、幕川、野地、鷲倉、そして新高湯、夏に行く予定の姥湯などなど。HPで見て、自分好みの温泉を探してみよう。

黒鳥あらわる! あらわる! [つぶやき]

ちょっと耳寄りなニュース東京都練馬区に石神井公園という公園がある。西武池袋線の「石神井公園」駅から徒歩7分の所だ。三宝寺池と石神井池があり、三宝寺池周辺には沼沢植物群落があり、池の中之島の群落は国の天然記念物に指定されている。さて、そんなうんちくはともかく、公園の近くに住む友人から、すてきな写真が送られてきた。これが、その写真。国鳥2羽.JPG
なんと、白鳥ではなく黒鳥。つがいのようで、突然現れたそうだ。石神井公園はカモやオシドリのほか、カワセミやウグイス、シジュウカラなどの野鳥も観察されているので、天気の良い日にはアマチュアカメラマンがたくさんやってくる。そんな人びとの間でいま一番話題になっているのが、この黒鳥。もう、いなくなっているかも知れないけど、すてきだよね。黒鳥2.jpg
前の10件 | -
メッセージを送る