So-net無料ブログ作成

温泉とトレッキングその2 羽黒山〜白布温泉〜天元台高原 [旅行]

二日目。肘折温泉「丸屋旅館」を出発した我々は、山岳信仰の山、羽黒山へ。羽黒山、月山、湯殿山の三山を、一般に出羽三山と呼ぶが、最初に開基されたのが羽黒山。山形では、山岳信仰の中心の山だった。山岳信仰は、山に霊的な力があるとして信仰の対象にするので、ちょっとやそっとで踏みいれることができない厳しい山、深い山が多い。今は、道路が整備されて、どこもわけなく行けてしまうが、徒歩で行った時代を想像しながら、羽黒山などを歩くと、その奥深さに驚いてしまうし、当時の人々が信仰の対象にした理由がなんとなくわかる。羽黒山1.jpgおっと、またそれてしまった。いずれにしても、我々はもちろん楽をして羽黒山に行ったの。<帰りは、ひとりだけ駐車場から車を下におろしてもらって、残る3人は、階段で下りようということになった。ところがこの階段が、大変だった。巾がせまくて急で、おまけに湿っているので、とても滑りやすいのだ。四苦八苦して下りたのよ。しかし、階段を見守るように生えていた杉はみごとだった。羽黒山2.jpgさて、そこから目的地の白布(しらぶ)温泉へ。白布温泉は、米沢を抜けて、山形県と福島県との県境、西吾妻山中腹の標高900mのところにある。西吾妻山は、山形で「母なる川」とよばれている最上川の源流の山として知られている。そんな聞きかじったうんちくを、私がえらそうにしゃべっていたら、いきなり最上川源流の里というかんばんが立っていたので、思わず小鼻がふくらんでしまった。いずれにしても、白布温泉「西屋」に到着。白布西屋1.jpgご覧の通り、古色蒼然とした茅葺き屋根の旅館だ。隣に東屋と中屋という旅館があるが、そちらは火事で焼けて、茅葺きが残ったのは西屋だけだそうだ。でも、東屋も中屋も、ちょっと泊まってみたい旅館だった。館内は本陣づくりで、廊下はござ敷き、スリッパなしで歩けるところがとても気持ちいい。西屋-2.jpgさて、一休みしたら(もちろん一杯やってから)、風呂だ。戸を開けてびっくり。奥に3本の樋があって、そこから打たせ湯が勢いよく流れ出している。西屋3.jpgその湯が格子の下を通って、風呂場にたまり、あふれだした湯は風呂の外の廊下側に流れ出していく。こんな風呂、いままで見たこともない。実にワイルドだ。だれもいないので、4人で奇声をあげながら入った。湯温はちょうどよい(といっても、S君は熱い風呂を平気で入れるのが自慢だが、そのS君をもってしても、夜中に入った風呂は、熱すぎてダメだったそうだ)。打たせ湯もやってみたが、勢いが強すぎて、頭と肩がこわれてしまうくらいだ。洗い場は、かなりせまい。1人がやっとだ(ちゃんと洗いたい人は、別にある家族風呂に入った方がいいだろう)。頭をシャンプーで洗うと、シャンプーの泡が風呂にまで飛び散ってしまう。でも、心配はいらない。何もかもが、外にどんどん流れ出していってしまうからだ。この写真が風呂場の外の廊下。足下を、あふれた湯が流れている。西屋-4.jpg
食事は、個室を頼んだ。石造りのテーブルで、ユニークだ。西屋5.jpg西屋6.jpg
翌日、チェックアウトした後、すぐ近くの天元台高原へ。この高原は冬にスキー場となり、日本一厳しいバッジテストを行うスキー場として知られている。他のスキー場で、1級、2級をとった人が、もう一度ここにテストを受けに来るくらいだ。その証拠に、ロープウェイ乗り口の壁に、1級検定合格者の名前が、ズラリと貼ってある。天元台ロープ1.jpgロープウェイ、リフトと乗りつないで、リフトの頂上に着く。天元台リフト.jpgそこからはトレッキング。30分くらい登ると湿原に出る。景色はないが、気分はいい。木道があるから、安心して歩ける。天元台1.jpg帰りは、リフトに乗らずにゲレンデを歩いて下りたんだけど、けっこうくたびれてしまった。帰りの運転は私なので、昼めしのアルコールは私だけダメ。しゅん・・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

少しメタボなS君

温泉とトレッキングその2、良く出来てるじゃない。まあ、写真が良いからね。これから、その3~その5のシリーズ楽しみに待ってま~す。
by 少しメタボなS君 (2009-11-04 08:47) 

かわいいカラス

これも、Sちゃんのおかげです。ううっ・・・。
その3がんばります。
by かわいいカラス (2009-11-11 16:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。