So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

西荻のとっておきのショットバーを紹介 その1「G7」 [お酒]

今回は、西荻窪のお気に入りのショットバーを3軒紹介しよう。どれも、個性的だから、あなたはどこを気に入るかな? まずは「G7」。西荻窪駅南口を背にして、目の前の商店街を直進する。ぞうさんがぶら下がっている商店街だ。道(神明通り)に出たら、さらに松寿司を左に見ながら20メートルほど進み、トンカツ屋「黒」(ここもおいしいのよ)の角を曲がれば、オレンジ色の看板があるG7が見える。G7-1.jpg目の前の階段を下ると、左側がG7の入り口。店の中は、やさしい照明で、ちょっと幻想的。女性なら、喜ぶことまちがいなし。カウンターの中にいるのは、マスターの大石さん。G7-2.jpg偶然にも、小生が卒業したW大の後輩だった。正確はおっとりとしていて、にこやかで、この店の雰囲気にぴったりだ。当然だが、ウイスキーに関するうんちくは絶対のものがある。私は、さっぱりだが。マスターの背には、ウイスキーが珍しいものも含めてズラッと並んでいる。G7-3.jpgどれを紹介しようかと聞いたら、差しだしたのがこれ。「longrow」というスコッチウイスキーだ。G7-4.jpgえっ、これがあるの?と思うなら、あなたは相当通だぞ。小生は飲むだけ。
この店でのお気に入りは、幅広いカウンター。あまりの気分の良さに寝ている人間もいる。こらこら! もう一つのお気に入りは、バックミュージック。音響効果が実にすばらしい。CDもほらこの通り、ロック、ジャズ、ブルースなど相当なリクエストに応えられる数だ。G7-5.jpgえっ、演歌が聴きたいって? それは、小生も同じ気持ち・・・。カウンターの後ろには、ボックス席が一つある。4、5人で来ても大丈夫だけど、うるさくしてはダメよ。小腹が空いた人には、カレーの出前もある。近くの「オーケストラ」というところのカレーなんだけど、かなりおいしい。もう一つ、耳寄りな話。一人、女性同士、カップルを問わず、ここは美人が多い。もちろん、年配の方も多いけど・・・あのNHK朝番組の主役をやったT・Mちゃんも来たことがあるのよ。会えないかなあ。

声が渋すぎ! [お酒]

またまた、西荻窪の居酒屋の紹介。今度は、南口に出て、目の前の八百屋さんの道を入る。しばらく行くと、上に象さんがぶらさがっているのが目印で、右に「オークランド」というジーンズショップがある。開き戸があるので入りづらいかもしれないが、ここのジーンズやシャツは一押しだ。おっと、脱線してしまった。更に進むと広い道に出るので、そこを右に曲がり、すぐ近くの焼き肉屋の角を左に曲がって三軒目ぐらい。半地下に「みちのくらさん」という店がある。
マスターは東京生まれだが、ご両親が仙台育ちだとか、それで「陸奥(みちのく)」の名前をつけたらしい。くらさんは、自分の通称「くらのすけ」からきている。このマスター、声の響きが実にいい。低音で渋い。その割には、女性ファンが増えているような気配はないが・・・。くらちゃん1.jpg
広告代理店の脱サラマスターだが、あなどるなかれ。みちのく料理が豊富にあり、どれもうまい。くらちゃん4.jpg私のお薦めは焼きみそかな(ほかにないのか!と言わないで。今はそれしか思いつかないの)。日本酒、焼酎のほか、ワイン、ウィスキー(かなりおいしいのがある)、電気ブランなどいろいろだ。
写真の料理は、お通し。くらちゃん3.jpg

一度いらっしゃいな [お酒]

西荻窪北口に出て、目の前のバス道路をわたり、パチンコ屋のせまい道を行くこと30秒。通りの左側に「がらし」という店がある。のれん.JPG昔、ママの旧姓・五十嵐をもじって「がらし」と呼ばれていたので、それが店名になっている。常連客がほとんどだが、なにも憶することはない。一度顔を出せば、もはや常連客になることまちがいなし。そのくらい、自分で言うのもなんだが、客の雰囲気がいいのだ。東京女子大出のママだからインテリ度が高い店と思いきや、それはほとんどない。それも、ママの人柄と言ってしまえば、いささかほめすぎか。
売り物は、野菜系が多いこと。写真は、玉こんのほか、子持ちガレイ、なすとエリンギの和風ポン酢、馬刺し、あさつきの酢みそ。
こんにゃく.jpgさかな.jpg馬刺し.jpg
月曜は定休。日曜は、第1と第3週が休み。17時〜23時(日曜は16時から)。電話03-3397-2086。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。